僕のお気に入り パート3

こんにちは

脚の毛は少ない方ですが脚のケガは割と多いスタッフのさいとーです。

朝晩と暑さが緩んできて少し上機嫌なので今日は僕が好きな自転車に関するものを書いていくアレやります!

楽しみにしている人がいなくてもやりますよw

 

今回はこちら

IMG_2562

SURLYのsteamrollerについて書きたいと思います。

幾度となくblogに登場しているので今さら感ありますが商品紹介というよりは僕の個人的感想を書いていくので、ドロップアウトせずに最後まで読んでもらえたらうれしいです!

なんでこのタイミングでsteamrollerについて書こうと思ったかというと最近あらためて良さに気づいたからなんですが「これがきっかけで良さに気づいた」みたいなエピソードは特になく、修理をさせてもらったり自分で乗ったりしてると「やっぱいいなぁ」ってふと思うんですよね。

「やっぱいいなぁ」って何がいいねん!って話なんですが、僕がsteamrollerに対して一番にいいなと思うのは「いろいろとネガティブなことを考えなくていい」ってとこです

例えばタイヤを変えたいなと思ったとき、いわゆるピストバイクなら「タイヤが太いので、この自転車には使えません」ていう問題にぶつかってしまいがちですが、そういうことが極めて少ないし何ならサイズによってはゴツゴツしたタイヤだって飲み込んでくれるです。

そういう互換という問題を楽々クリアしてくれるのはもちろんなんですが、僕がそれ以上に魅力に感じるのが「この自転車にこのパーツはナンセンス」みたいなネガティブなマスト(上手な表現できなくてゴメンナサイ)がほぼないこと。

やっぱりフレームやパーツのメーカーはそれぞれコンセプトがあるので、そこでパーツの相性がいい悪いは出てきますよね。

ゴリゴリのレースバイクに大きいカゴがついてたりしたらバランスが悪くて何だかむず痒いじゃないですか。

でもstaemrollerはどんなパーツを入れたって上手く馴染んでくれるし、ちょっと浮いてしまいそうなカラーパーツだって優しく受け入れてくれちゃう。

これってホントにすごいことだと思うんです!

ママチャリを卒業してカッコイイ自転車欲しいなって思ったときって何も知らないし、どうしたらカッコよくなるかもわからない、そんなときに「コレにコレは使えない」とか「コレとコレを同じ自転車に取り付けるのはイケてない」とかネガティブなことばっか言われたら自転車に乗る前にイヤになっちゃいそうじゃないですか。。。

そんな悩みを一気に解決してくれるsteamrollerってやっぱスゲーなってお話でした。(終わりが急に現れるw)

お問い合わせ:075.532.4757

CYCLE GARDEN 京都市東山区五条橋東2-9
8月 31,2017,19:14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>